鹿児島ウォッチャーは「鹿児島を深堀する」ネットメディアです

鹿児島ウォッチャーは「鹿児島を深堀する」ネットメディアです

  1. HOME
  2. 自治

自治

~新しい自治の形~
市町村合併が進み、新しい自治の体制がスタートする中で、分権型社会という大きな転換期における地方自治や地方議会のあり方、道州制の議論への対応など、パブリック・セクターの今後について、レポートやコラム、リサーチ結果などを掲載します。

時論・創論 自治 存在感を高め、県民に身近な県議会になろう2 -スピード感と「見える化」が鍵-
去る4月の県議選を受け、鹿児島県議会の現状や今後について全体を包括し論述しておきたい。併せて県議会(議員)に留まらず、市町村議員や首長についても関連して一部触れる。
時論・創論 自治 存在感を高め、県民に身近な県議会になろう1 -スピード感と「見える化」が鍵-
去る4月の県議選を受け、鹿児島県議会の現状や今後について全体を包括し論述しておきたい。併せて県議会(議員)に留まらず、市町村議員や首長についても関連して一部触れる。
時論・創論 自治 鹿児島県議会議員選挙2019立候補予定者アンケート調査結果
3月29日告示、4月7日投開票の日程で行われる鹿児島県議会議員選挙(定数51)を前に、鹿児島ウォッチャーでは、立候補予定を対象に独自のアンケート調査を行った。調査は、3月15
時論・創論 自治 一票の格差は、違憲か? ~政治は、地方を救え~
時論・創論 自治 鹿児島市長選の低投票率
鹿児島市民は、市政に対して、疎外感というか、シラケている。つまり、行政離れを起こしている。このようなシラケが進むと、市長や市政に対して、どのような政策をしてもらいたいという明
特集記事 自治 市長選に関する有権者アンケート調査結果
弊社では、平成28年11月27日に投開票となる鹿児島市長選挙に先立ち、11月8日から11月11日の4日間、鹿児島市在住の有権者を対象に鹿児島市長選挙に関する意識調査を実施した
『稲盛経営』実践の手引き
稲盛経営
『稲盛経営』実践の手引き

このバナーはタグで設置しています

ページの先頭へ