鹿児島ウォッチャーは「鹿児島を深堀する」ネットメディアです

鹿児島ウォッチャーは「鹿児島を深堀する」ネットメディアです

  1. HOME
  2. レポート
  3. 三反園県政、どうなるのかな?

コラム イヌの小耳

三反園県政、どうなるのかな?

2016.7.19
執筆者:犬太郎

「参議院選と知事選だけど」

『同日選挙が終わったね』

「結果、どう思う?」

 

『参議院選だけどさ、自民だけで過半数を取ったヨ』

【それどころか、憲法改正派の政党が三分の二を占めたじゃない】

<ということは、改憲ということだネ」

「ちょっと早くない?」

『いや、中国や韓国の状況をみると、憲法を改正して、武力行使できる国にするのが、安倍さんの信念だからネ』

【いよいよ、戦争ができる国になるのかな?】

『平和憲法を変えてしまうということ?』

 

「すぐにはそうならないンじゃないの?」

<どうして?>

「国民は、安倍政権を支持している人が多いけど、アベノミクスにしても、憲法改正にしても、反対の方が多いヨ」

【それに、まだ、改正案がはっきりしてないじゃない】

『安倍さんは、そう言ってるヨ』

【でも、安倍さんの言うことは、まともには、聞けないヨ】

<どうして、そんなこと、言うの?>

【だって、この前の解釈改憲にしても、『選挙で勝ったンだから、国民から支持されている』って言って、強行したじゃない】

『国民は、そんなことまで支持してないのにネ』

「今度の選挙、安倍さんは、経済対策が争点だって言ってたけど、勝ってしまうと、また、この前のように、『改憲できる数の支持を受けたから』と言い出しかねないネ」

 

【それにしても、何で自民党があんなに勝つのかな?】

「それだよ。アベノミクスも、うまくいっているとは言えないし、解釈改憲とか安保法制を強行してるのに」

【でも、世論調査では、自民党支持とか、安倍さん支持が多かったヨ】

『それが不思議なんだネ』

【どうして、そうなるのかな?】

『自民党でも、安倍さんでもないけど、他よりもましだっていうことかな?』

「結局、民進党が弱いヨ」

<どういうこと?>

『憲法改正でも、経済対策でも、対案がない』

「政策力というか、政治力が弱いンだネ」

【それでなくても、前に民主党は、国民の期待を裏切ったからネ】

「政策力がないっていうこと、はっきりしたからネ」

【民進党の幹部は、その時と同じ顔ブレだから、信頼感がないヨ】

「信頼回復するためには、民進党のリーダーの顔振れが変わらないとネ」

 

【それにしても、鹿児島の参議院選は、無風だったネ】

「選挙の存在感がなかった」

『いや、候補者に存在感がなかったよ』

「あの人も、鹿児島のために、ナニしたのかな?」

<あの人って、誰のこと?>

「現職の野村さんのことだヨ」

『ああ、野村さんって言ったっけ』

【あの人の活躍の姿が見えないネ】

 

<でもね、参議院って、地域のためじゃなくて、国のために働くンじゃないの>

「それを言うなら、衆議院も、そうだよ」

【それにしても、地域の代表だからね、国ためにも、地域のためにも、頑張ってもらいたいネ】

「県民は、どういう判断で選んだのかな?」

『政党や会社とか団体から頼まれたんじゃないかな?』

【そんなことかな?】

「ほかにないでしょう?」

 

『鹿児島じゃ、知事選の方が関心が高かったよネ』

「結果は、やっぱりというのと、そうかなというのがあったネ」

【そうかなって、どういうことかな?】

「だって、現職は、建設業とかと医師会とか、農業団体とか、500を超える組織が支援していたンじゃない」

【そういう団体って、選挙に強いからネ】

「三反園さんは、そういう組織の支援がなかったんじゃない」

『だから、大方の予想は、現職が有利と見ていたじゃない』

【そう。三反園サンに投票した人も、『まさか、勝つとは思わなかった』って言ってたヨ」

「勝って、びっくりしたっていうこと?」

<何だか、イギリスの選挙みたいだネ」

 

【現職を支援した組織なんだけど、動かなかったらしいヨ】

<どうして?>

「現職の強みがあるし、多くの団体が支持をしていたから、油断したンだろうネ」

『本人も、丁寧にお願いしてなかったみたい』

【それに、支持している経済界の幹部に対しても、失礼だったらしいヨ】

「組織といっても、かならず、執行部に対する反主流派がいるからネ」

『終盤になって、陣営の中で、疑心暗鬼が出回ったって』

<どういうこと?>

【陣営内で、相手陣営を支持しているんじゃないかって、疑われたって言ってたヨ】

 

「そういうのも、候補者自身の性格によるらしいヨ」

【そう、前々から、傲慢だって言われてた】

「マスコミの記者によると、会見でも、自分の言いたいことは言うけど、記者からの質問を受けなかったって」

『なんで、そんなことを聞くのかっていう態度だったって』

【その辺のところ、人の意見を聞かなかったって、新聞にも書いてあったヨ】

「そういう人となりが、組織の中でも、反発を買っていたらしい」

 

『それに、政策の失敗もあったね』

「県職員を上海旅行させたり、大型体育館の建設で、判断を間違えたり」

<女性を蔑視するようなサイン・コサイン発言もあった>

『あれで、女性の支持が逃げたかも』

「原発問題でも、突っ込まれると、国の問題だなんて、言い訳して、県民の立場から離れていたネ」

【批判されると『何か文句あるのか』っていう態度だったって】

「県民に対しても、丁寧な説明をしてなかった】

【だから、県選出の自民党国会議員の中でも、『もはや現職じゃない』と言ってたらしいヨ】

<でも、三反園サンって、何をするのか、分からないって>

 

「現職は、多選ていうか、長期政権の悪いところが出過ぎた」

<どういうこと?>

「新聞に、現職のリーダーシップの在り方についての記事がでたときに、県職員や一般県民から、共感する意見がたくさん寄せられたらしいヨ」

【県の職員が、決裁を取るときに、いちいち、秘書室に電話して、知事の機嫌を聞いていたらしいからネ】

<どういうこと?>

「機嫌が悪いときには、決裁を受けに行かなかったらしい」

『仕事がなかなか進まなかったって』

 

【でも、三反園サンにとっては、これからが正念場だよ】

<どういうこと?>

【県民は、三反園色を求めているからネ】

「それに、いろいろ大型の施設づくりを約束してるしネ」

『財源をどうやって見つけるかが、問題になるネ』

「どうやって、伊藤さんとの違いを出すかだネ」

【そのうえ、県民が期待する政策を打ち出せるか】

<目に見えることが大切だネ>

「それなら、組織と政策だネ」

<組織?>

「目に見えないんじゃない?」

『いや、それを目に見えるようにやるンだヨ』

【そう。伊藤さんは、自分の周りをイエスマンで固めていたよネ】

「自分を守るための壁を作っていたネ」

【だから、三反園サンは、県民や職員の声を聴けるような組織づくりをすればいいのサ】

「それを県民の目に見えるようにネ」

 

「政策は、一つ一つ、できることから取り組んでいけばいいんじゃないかな」

【そうなんだけど、半年が限界だヨ】

『そう、マスコミなんかで、代わってから半年を検証するからネ」』

【それに、県民は変わることを期待して三反園サンに入れているからネ】

<それにしても、三反園サンは、アウトレットのような大きな施設の建設を約束しているよネ>

「それに、県民所得の倍増もネ」

『それらを実現するための具体的な動きがないと、県民の失望を買うことになるネ』

今日の報告は、これまで。まずは、三反園サンに期待しよう。

 

犬太郎

記事の評価、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。

会員の方

パスワードをお忘れの方、
再設定を希望する方はこちら

会員以外の方

鹿児島ウォッチャーは無料会員制です。
会員登録をされる方はこちらから

お申込み
「ウォッチ!県議会 県議会って何だ」
稲盛経営
「ウォッチ!県議会 県議会って何だ」
PCサイドバナー1(中)
ページの先頭へ