鹿児島ウォッチャーは「鹿児島を深堀する」ネットメディアです

鹿児島ウォッチャーは「鹿児島を深堀する」ネットメディアです

  1. HOME
  2. レポート
  3. 知事選、誰に入れる?

コラム イヌの小耳

知事選、誰に入れる?

2016.6.30
執筆者:犬太郎

知事選は、中盤過ぎて、いよいよ、にぎやかになっている。

この喫茶店の常連客も、いろいろ考えて、あーダ、こーダと話題にしている。

 

「知事選だけど、誰が、どうなのかな」

『どうなのかなって?』

「どうやって、選ぼうかなっていうこと」

【普通はサ、支持してる政党とか会社や知っている人から頼まれたとか、出身地や学校が同じという理由で、選んでいるよネ】

「でも、知事って、鹿児島の政治の責任者だから、そんな理由で選んじゃいけないンじゃないの?」

『じゃあ、なんで選ぶの?』

 

「その選び方なンだけど、今度の知事選は、現職と新人の一騎打ちだよね。二人の違いは何だっけ?」

【政策とか、出身地、出身学校、支持する政党なんか、違いはいろいろあるよネ】

 

<一人は、現職で、四期目だし、もう一人は、新人だね>

『それに、官僚出身と民間人の違いがあるよ』

【出身地は、出水と指宿だ】

<学校は、ラサール・東大と指宿高校・早稲田>

「そうか。どうも大きな違いは、多選と新人ということかな?」

『それに、官と民の違いがあるよ』

【でも、結局は人柄とかリーダーシップが大事じゃないかな?】

<それに、政策力もね>

「政策力って、何だい?」

<政策をつくって、実行する能力のことさ>

 

「ところで、選挙の争点は何かな?」

【争点って?】

『例えば、原発の再稼働に賛成とか反対とか』

 

「今 立候補している候補者の政策の違いは、なんだろうか?」

<この説明が難しいんだ>

「どうして?」

<それぞれ、マニュフェストを発表しているンだけど、現職は、盛りだくさん挙げている>

『新人は6つだ』

 

「でも、それ、読んでいる?」

『もちろん、読んでないよ』

<僕は、ざっと目を通したけど、残ってないよ>

【マニュフェストって、そんなもんだよね】

『マニュフェストって、ただの公約だからね』

「そうか。選挙の時だけ、票稼ぎのために掲げているけど、終わったら、はがすっていうやつだよね」

 

<本当は、政策で選びたいけど、何をどのようにするのかがわからないよ>

『ある意味、あまりたくさん政策を並べすぎてると、方向性が分らない』

【一体、この鹿児島がどうなるのかっていうのが浮かんでこない】

「鹿児島だけじゃなくて、自分の生活もね」

<そう、年金は、毎年減る一方で、社会負担は増える一方だ>

【この先の生活が読めないね】

「だから、誰が自分の生活とか、鹿児島をよくしてくれるか、わからない」

【最近のマニュフェスト選挙の問題点だよ】

 

「政策目標を掲げたら、それを具体化するための方法まで説明しないとネ」

『いいことばかり書いてあるけど、どうやってそれを実現するのかとか、いくらかかるとかは書いてないもんネ』

【絵に描いた餅かな】

「だけど、そんなこと書いてあったって、読まないよ」

『じゃあ、どうするンだい?』

 

【例えば、イギリスのEU離脱か残留かというような、はっきりしたものがあると分かり易いんだけどネ】

「どういう鹿児島にしたいのかっていう、将来の姿を見せてほしいね」

<ビジョンが欲しいよネ>

【それで、選択できればいいだけどネ】

「でも、そんな将来の姿って言えば、漠然としてるし、違いが分からなくなるんじゃないの?」

 

<そうなんだけど、今、政治家に欲しいのは、信頼と希望だヨ>

「舛添さんのように口先だけ立派でも、やることがセコイっていう知事もいるからネ」

<そう。それに、県民のことを考えてくれることだよ>

「法律とか国の考え方を重視するかとかじゃなくてネ>

【安倍さんは、前に、『自分は、国民から選ばれたんだから、俺についてこい』なんて言ったけど、そういう知事はいらないネ】

<そう。国民と国会議員の立場を逆転させているからね>

「もっと、県民に寄り添うというか、県民の意見をよく聞いて、それを代表してもらわないとネ」

<政治家って、俺は選挙民の代表だって思っているけど、違うよね>

【全権委託しているわけじゃないからネ】

 

「ところで、どっちが勝つのかな?」

『そんなこと、わからないよ』

【えつ!もう、大体、予測できるんじゃないの?】

『それがね、現職は、組織選挙っていうけど、その組織にホコロビがあるらしい』

【新人も、アピールが足りないといわれてるよ】

「どっちの候補も、どういう鹿児島にしたいのかが、分からないよネ」

 

【じゃあ、誰に入れようかな?】

「結局、今日の鹿児島と明日の鹿児島があまり変わらないのかな?」

【変わること、期待できないネ】

<それ、候補者の責任じゃないよ>

「どういうこと?」

<県民自身が、鹿児島の未来を語ってないんじゃない>

【かねてから、鹿児島の未来っていうか、こういう鹿児島になってほしいっていう、ビジョンを語り合うことが欲しいネ】

<そう。そういう語り合いの中から、鹿児島の将来像が見えてきて、選挙の争点になるし、わかりやすい県政になるンだけどネ」

【今は立候補した人を選んであげる選挙だから、県民にとって、他人事だよネ】

「鹿児島の将来とか、自分の生活を選ぶ選挙にしたら、自分のことになるし、もっと関心が高まるのにネ」

犬太郎

記事の評価、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。

会員の方

パスワードをお忘れの方、
再設定を希望する方はこちら

会員以外の方

鹿児島ウォッチャーは無料会員制です。
会員登録をされる方はこちらから

お申込み
「ウォッチ!県議会 県議会って何だ」
稲盛経営
『稲盛経営』実践の手引き
PCサイドバナー(中・下)
ページの先頭へ