鹿児島ウォッチャーは「鹿児島を深堀する」ネットメディアです

鹿児島ウォッチャーは「鹿児島を深堀する」ネットメディアです

  1. HOME
  2. レポート
  3. 鹿児島市議選

コラム イヌの小耳

鹿児島市議選

2016.4.6
執筆者:犬太郎

 

「今朝、出てくるときに、うちのそばの交差点に旗を持ったおばさんが立って、通る車に、お辞儀をしていたよ」

<なァに、いきなり>

「いや、今度の選挙の候補者らしいンだよね」

<参議院選や知事選は、7月じゃないの?>

「そうだよ。それはね。でも、今やっているのは市議選のこと」

<えッ!市議選があるの?>

「なにしろ、タスキしてないし、旗も持っていないから、分からないンだけどね」

『選挙期間にならないと、そういうの禁止されているンだ』

<おそらく、朝立ちっていうやつだね>

「選挙に出る人は、ご苦労だね」

【それって、通行人は分かるのかな?】

『分からなくても、いいらしいよ』

「そう。ただ頭を下げることに意味があるんだって」

【そういえば、この前、交差点で信号待ちしていた時に、名前と『よろしく』ばかり繰り返していたね】

「大体、市議の先生たちに、政策を期待したって、無理でしょう」

<そういうことかい?>

『いや、候補者の政見は、パンフレットとか演説かなんかで話しているのさ。辻立ちでは、顔と名前を売ればいいンじゃない』

 

<でもさ、市議がどんな政策をしようとしているかを知りたいよね>

「議員に政策は無理だよ」

『特に市会議員じゃね』

<何だか、随分、馬鹿にしているね>

 

【それにしても、市議選って、薄いね】

「一番身近な選挙なのにね」

【だけど、自分たちの暮らしに関係ないじゃない】

「エッ!一番身近な選挙だよ」

【特に、鹿児島市議会というのは、自分たちの勢力争いばかりしているっていう印象】「何しろ、同じ自民党系でも、いくつもグループがあるからね」

『それに、市民に役立つことをしていないね』

「執行部の不手際を責めたり」

【そう。つまらないことで上げ足をとったり、議事を紛糾させて、会期を伸ばして、頂く手当なんかを取っていくというイメージがあるね】

<それは言い過ぎじゃない>

【だから、イメージと言ったでしょ】

「そんな市議は、いらないよね。今はサ、選びたい人だけ名前を書いているけどサ、なってもらいたくない人の名前を書くってことができないかな?」

<どうして?>

「だって、国会議員だけど、不倫したり、不適切発言した議員がいたじゃない」

『そういう人は、落としたいよネ』

 

「それにしても、市議の数が多すぎるね」

【市議だけじゃないよ。県議や国会議員もね】

『お金がないと言いながら、政治家の定数削減が要求されていても、一向に削減しない』

「給料だって、下げないよ」

【市議なんて、4,5人でいいンじゃないかな】

『そうだろうね』

【アメリカなんかの地方議員は、そうらしいよ】

 

「それに、今、市議も県議も職業になっているよね」

【えッ、職業じゃいけないの】

「いけないよ。金儲けとか、自分の生活費を稼ぐための職業じゃなくて、世のため、人のために働く人でなくちゃ】

『そのためには、見識のある人でなければね』

「職業化しているから、まるで家業を継ぐように世襲が当たり前になっている」

【前にも、誰かが言っていたね。有権者は、彼らの就活にお付き合いしているのサ】

<国会議員となると、集団的自衛権とか、憲法改正なんかがあるから、まじめに選ばないといけないけど・・・」

「市会議員ではね」

『せいぜい、高齢者の無料パスかな?』

【鹿児島市だったら、アリーナとか、交通局の跡地利用なンかが問題なンだろうけどね】

「そういうのが、全然問題にならない」

【選挙の争点になってないね】

 

<今度の市議選、どのようにして候補者を選んだらいいのかな?>

【結局、知っている人とか、頼まれた人に入れるのかな】

「同じ学校を出たっていう人もいるよ」

『同窓会かい?』

「次元が低いよね」

【でも、鹿児島は、それって、多いンだよね】

【じゃあ、今度の選挙って、政策を選ぶンじゃなくて、彼らの生活のためだけか】

「投票に行くのが、めんどくさいね」

【花見とか、潮干狩りとか、行楽の時期だよね】

「自分が投票したって、世の中が変わるわけじゃないし」

『選挙で、自分たちの暮らしが変わるような争点もないし』

「そのために貴重な春の一日をつぶすのかな」

『棄権しようかな』

 

<そういう発想がいけないよ>

「だってさ、地域の問題を取り上げていない」

【新聞なんかもね】

「市議選じゃね」

 

「いや、本当はいろいろあるはずだよ」

<例えば?>

「病院の制度が変わるでしょ」

「今まで市立病院に診てもらっていたけど、これからは、直接はいけないんだって」

【そう。紹介状が必要なんだって】

『紹介状って、書いてもらうのに、お金がいるんじゃない?』

【そうなンだよね。2,3千円だって】

 

「そのほかにも、保育園のことや高齢者福祉、年金問題なんかがある」

【そういう問題は、市議会を通して、市民の意見を国にも届けてもらいたいよネ」

「そういう見識のある人が立候補してくれるといいンだけどね」

 

オーイ!オレッチのことを考えてくれる候補者が出てこないかな!なんちゃって!

犬太郎

記事の評価、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。

会員の方

パスワードをお忘れの方、
再設定を希望する方はこちら

会員以外の方

鹿児島ウォッチャーは無料会員制です。
会員登録をされる方はこちらから

お申込み
「ウォッチ!県議会 県議会って何だ」
稲盛経営
「ウォッチ!県議会 県議会って何だ」

このバナーはタグで設置しています

ページの先頭へ