鹿児島ウォッチャーは「鹿児島を深堀する」ネットメディアです

鹿児島ウォッチャーは「鹿児島を深堀する」ネットメディアです

  1. HOME
  2. レポート
  3. 稲盛経営講座12(2) 【小集団の編成】

コラム特集記事 稲盛経営

稲盛経営講座12(2) 【小集団の編成】

2017.4.13
執筆者:菅井 憲郎(スガイノリオ)

組織のマネジメントの内容のうち、要点の第一である「小集団」について、説明してください。どのような要領により、編成するのですか?

 

【回答】 

 1.小集団を編成することについて、稲盛氏は、その要領(ポイント)を次のように語っています。

  • 小集団の経営をリーダーに任せる。

 京セラが小さい時には、製品の開発から製造、営業まですべてを一人で走り回りました。しかし、大きくなって、限界が出てきました。そのため、会社の活動単位を小集団に分割して、それぞれに購買、開発、製造、販売、管理の機能を持たせ、そこにリーダーを配置して経営を任せることを考えました。

 

  • 無駄をなくす。

 企業は大きくなれば組織が肥大化し、無駄も増えます。稲盛経営では、無駄を省くために、小さな組織に分割し、一人一人の能力が発揮できる組織を編成します。

 

  • 目標を管理して、採算を確保する。

 会社の組織を、目標管理ができ、独立採算が可能な小集団に再編し、採算を確保します。

 

2.この小集団の運営の仕方について、稲盛氏は、次のように注意を促しています。

小集団は、単に細かくするのではありません。事業を完結する単位として、収支の採算を確認できることが必要です。

  • 会社の目的、方針が遂行され、会社全体が調和しなければなりません。

 

小集団の経営では、市場に対応することが大事なので、その変化に応じて、組織の編成については、常に見直しを続けることが必要です。

  • 小集団は、グループ間を競争させようとするものでは、ありません。
  • 小集団は、付加価値を明確にします。

 

フィロソフィを通じて、全社員とベクトルを合わせ、考えが合わない人は辞めてもらいます。

  • 全ての社員が、次により、小集団の目標と自分の役割を共有します。
    • 経営の実態を見える化します。
    • 小集団ごとに達成すべき目標と役割を持ち、それを全てのメンバーが共有します。
    • より良い仕事をし、利益をあげるために、メンバーが知恵を結集し、業務と職場環境をカイゼンし、無駄を省きます。
    • 全ての社員が全員参加することにより、経営に対する責任感を持たせます。また、そのことにより、社員の主体性を醸成します。稲盛経営の理念とフィロソフィを日々の業務に反映します。
    • 常に注意力を持って、仕事に励むように意識づくりに取り組みます。コンパや運動会にも、全社員が参加して、経営者と同じ意識を持つようにします。  
  • 小集団としての活動としては、採算性の確保のための具体的な対策を講じます。

 

  1. 「売り上げを最大にし、経費を最小にする」という原則を基にしています。
  2. 各小集団ごとに独立採算制として、精密な「部門別時間当たり採算」を算出し、目標を管理します。
  3. このためには、「売上高」とその販売のために要した「経費」を把握しておくことが求められます。

 

3.活動を通じて、社内の情報を共有します。

  • 会社は、市場動向を把握したうえで社員と共有することが求められます。
  • 組織は、大きくなるほど情報格差が生じ、参加意識が希薄化します。
  • このため、リーダーが、小集団活動を行うことにより、フィロソフィを全社員に浸透させ、一人一人の社員をフィロソフィに基づき行動させることが必要です。

 

 実際には、理解できなかったり、頭では理解できても実践できない社員がいるものです。それをなくし徹底するためには、繰り返すっことが大事です。

  • 小集団ごとに社内売買を行うことにより、つまり、社内で、製品のやり取りを一つの商取引として取り扱うことにより、市場における生産量や価格を反映し、事業環境の変化を企業内に伝えます。

菅井 憲郎(スガイノリオ)

菅井 憲郎(スガイノリオ)

慶応義塾大(経済)卒。
警察庁、外務省、兵庫県、茨城県に勤務後、鹿児島県庁で青少年育成、消費者保護、国際交流、高齢者福祉、職員研修、産業振興(商工業、林業、水産業)、ウォーターフロント開発等を担当。その後、鹿児島総合研究所専務取締役、鹿児島国際大学大学院教授、鹿児島県立短期大学講師等に勤務する傍ら、運輸事業(バス、船舶等)の経営にも携わる。
著書に「自治体の国際化政策」、「ムラからの国際交流」、「虹色の鹿児島を描く」など。政策研究・論文及び講演等多数。

記事の評価、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。

会員の方

パスワードをお忘れの方、
再設定を希望する方はこちら

会員以外の方

鹿児島ウォッチャーは無料会員制です。
会員登録をされる方はこちらから

お申込み
『稲盛経営』実践の手引き
稲盛経営
「ウォッチ!県議会 県議会って何だ」
PCサイドバナー1(中)
ページの先頭へ