鹿児島ウォッチャーは「鹿児島を深堀する」ネットメディアです

鹿児島ウォッチャーは「鹿児島を深堀する」ネットメディアです

  1. HOME
  2. レポート
  3. 病院川柳

コラム イヌの小耳

病院川柳

2016.9.5
執筆者:犬太郎

 

 今回は、ちょっと違って、病院の入院患者の川柳を紹介する。

 と いうのは、先日、大学病院に行ったときに、ロビーに川柳が張り出されていた。その中で、吾輩が、思わず唸ってしまった川柳を紹介する。

 

 ご存知のように、今の病院には、お年寄りの患者が多い。外来の待合室なんかでも、働き盛りの人はいないで、ほとんどがお年寄りである。

 入院患者に至っては、産科や小児科以外は、まるで老人ホームじゃないかと思うような雰囲気である。その多くは、大部屋に入っている。

 そこで、一句

 

九人部屋  最年少が 69歳

 

 

 年を取るとボケるというが、それが、自分の行く道だと思うと、心配だ。

 そこで、一句

 

ホスピスを ホステスと聞こえる 認知症

 

 

犬太郎

記事の評価、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。

会員の方

パスワードをお忘れの方、
再設定を希望する方はこちら

会員以外の方

鹿児島ウォッチャーは無料会員制です。
会員登録をされる方はこちらから

お申込み
「ウォッチ!県議会 県議会って何だ」
稲盛経営
『稲盛経営』実践の手引き
PCサイドバナー1(中)
ページの先頭へ